<エビアン・チャンピオンシップ 3日目◇14日◇エビアンリゾートGC(6,428ヤード・パー71)>
 海外女子メジャー最終戦「エビアン・チャンピオンシップ」。3日目となったこの日は初日がキャンセルとなった影響で第2ラウンドが行われた。そんな中、6アンダー単独首位からスタートした宮里美香は4バーディ2ボギーの“69”でラウンド。スコアを2つ伸ばしてトータル8アンダーでホールアウトし、暫定ながら単独首位につけている。
 1打差の単独2位にはスーザン・ペターセン(ノルウェー)、さらに1打差の単独3位にはステイシー・ルイス(米国)がつけている。
 尚、日本勢出場4選手は全てホールアウト。上田桃子は2日連続の“70”でトータル2アンダー暫定15位タイ、上原彩子はスコアを2つ落として暫定23位タイに後退。また初日“75”と出遅れた宮里藍は1イーグル4バーディ3ボギーの“68”とスコアを3つ伸ばしてトータル1オーバー、暫定ながら37位タイに順位を上げている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>