シリア化学兵器廃棄で米露が合意

ざっくり言うと

  • 14日、米国務長官と露外相がシリアの化学兵器廃棄に関する協議を終えた
  • 申告期限を1週間とし、2014年半ばまでに完全廃棄を達成する行程で合意した
  • 廃棄を確実に履行しない場合、武力制裁の可能性もあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング