6位タイで最終日へ!まだまだあきらめない(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目◇14日◇恵庭カントリー倶楽部(6,682ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。14位タイから出た横峯さくらはこの日6バーディ・3ボギーの69でラウンド。スコアを3つ伸ばし6位タイまで順位を上げた。
LIVE PHOTEで3日目を振り返る!
 先週の「ゴルフ5レディス」でも7位と調子は悪くない横峯。この日は前半はスコアを伸ばせなかったが、後半に入ると「フェアウェイから打てたのが大きかったですね」と安定したショットで16番までに4つのバーディを奪取。さらに伸ばしたかったところだが、17番パー5では3打目をグリーン右のバンカーに入れると、3メートルまで寄せたがパーパットを決めきれずボギーとしてしまう。難関の18番ではパーをセーブし「ロングでのボギーがなければ…、でも18番ではパーを拾えたのでそこでプラスマイナスゼロかなと思います」と前向きに話した。
 「左に行くショットがないので安心して振れています」とショットの調子は悪くない。首位とは8打差と大差がついており、逆転優勝は難しい位置。明日は雨の予報だが「天気がどうなるか分からないけど、1つでも伸ばしたい。上にいけたらいいなと思います」と荒天の中でもさらに上の順位を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉が首位タイをキープし最終日へ、海外での宮里の健闘が刺激に
不動裕理が4打差3位に「前を見て頑張ります」
ほんとに飛ぶかを検証!うわさの“SLDR”を試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング