東リ 東京で「東リ2013年 新製品発表会」を開催

写真拡大

東リ(株)では、9月12日(木)・13日(金)の両日、東京・飯田橋のベルサール飯田橋にて、「Joyfolk-ジョイフォーク-喜びの暮らし」をテーマとする「東リ2013年 新製品発表会」を開催した。
「Joyfolk」は、生きる喜び(Joy=喜び、楽しさ、幸福)と、人とのつながり(Folk=人々、家族、伝統)をミックスした造語で、自然環境や健康、心の充実感を大切にしながら、社会とのつながりや絆、家族の幸せへの願いが込められている。その「Joyfolk」のデザインポイントとなるのが、クラフト感、自然の美、有機的な幾何柄の3つ。会場ではこれらのデザインポイントを踏まえた新製品として、8月7日(水)に新発売した木目柄のプリントタイル「ロイヤルウッド」の新提案で、深みのある木目デザインを実現させた「ナチュラルサーフェイス」を大々的に展示した他、「リアルデコ」と同柄同色の塩ビ粘着材付き化粧フィルム「ハーデック」の組み合わせ提案、環境・素材コレクションなどが展示された。
また、受注生産販売のタイルカーペット「The DRESS」と「ゆいそめ」の2シリーズが今回の目玉として発表された。来場者から特に高く評価された「ゆいそめ」は、日本の伝統的な絞り染めの技法を応用したもので、無作為にできるムラやシワをデザインに取り入れた新感覚のタイルカーペットとなっている。
この他、汚れたタイルカーペットを洗浄してよみがえらせるという、同社独自のサービス「メイクアップサービス」を提案した。同サービスはすでに20年以上の実績のあるものだが、省エネ意識の高まりによって再び注目度が高まっていることから、再度来場者へ向けて訴求を行った。コストも新品よりも低く抑えることができる。