新キャディ加藤氏とのコンビもOK!グリーン上でさえを見せた美香(撮影:福田文平)

写真拡大

<エビアン・チャンピオンシップ 2日目◇13日◇エビアンリゾートGC(6,428ヤード・パー71)>
 女子メジャー最終戦「エビアン・チャンピオンシップ」は初日が悪天候でキャンセルとなり1日遅れで競技をスタート。宮里美香が7バーディ・1ボギーの“65”をマークして6アンダーで単独首位スタートを切った。
エビアンチャンピオンシップのリーダーズボード
 インからスタートした宮里は11番でバーディを先行させると13番でもバーディを奪取。15番パー5ではボギーを叩いたものの17番をバーディとして2アンダーでハーフターンした。後半も1番をバーディとすると6番、7番と連続バーディ。最終9番パー5でもバーディを奪ってリーダーズボードの最上位でフィニッシュした。
 「パッティングが一番よかった。今日は25パット!今まで入らなかったパットがとにかく入った」とこの日は今季苦しんできたグリーン上で冴えを見せた。新キャディの加藤大幸氏とは「読みで食い違う場面もあった」と語ったものの、「加藤さんを信じて入ったホールもあれば、自分の読みで入ったホールもあった。うまくかみ合った」とチームワークで結果につなげた。
 メジャー昇格にあたりコースに大きな改造がくわえられ「去年とは違った。すごくタフで距離が長くなった」とコースに目を丸くしたが、この日はフェアウェイキープ率は100%。パーオン率も高い数字を記録して難コースを攻略して見せた。
 今季は「ウォルマートNWアーカンソー選手権」での3位などがあるが、思うように優勝争いに絡めず苦しいシーズンを過ごしてきた。最後のメジャーでその悔しさを晴らすことができるか。
 その他の日本勢は上原彩子が2アンダーで10位タイ、上田桃子が1アンダーの20位タイと上々のスタート、歴代チャンピオンに名前を連ねる宮里藍は4オーバーの85位タイと出遅れている。
【第1ラウンドの順位】
1位:宮里美香(-6)
2位T:朴セリ(-5)
2位T:サンドラ・ガル(-5)
2位T:スーザン・ペターセン(-5)
5位:クリスティーナ・キム(-4)
6位T:リンゼイ・ライト(-3)
6位T:リディア・コ(-3)※アマチュア
6位T:カリー・ウェブ(-3)
6位T:ミシェル・ウィ(-3)
10位T:上原彩子(-2)他9名
20位T:上田桃子(-1)他12名
85位T:宮里藍(+4)他15名
<ゴルフ情報ALBA.Net>