ディフェンディングチャンピオンの有村、予選2日は苦労している(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇13日◇恵庭カントリー倶楽部(6,682ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の2日目。昨年覇者の有村智恵は初日「恥ずかしくて言えない」という謎のハプニングで3連続ボギー発進。その後はスコアを戻しイーブンパー25位で第1ラウンドを終えた。
LIVE PHOTEで2日目をプレーバック!
 そして迎えた2日目。出だしの1番でボギーを叩いたものの、スコアを1つ伸ばし後半へ。後半は10番でバーディを先行させるが、11番で「押し出してしまいました」とパットミスで3パットのボギー。「パーなら流れがまったく変わっていたと思います」とこれで流れが悪い方向に。そして14番では15メートルのファーストパットを2メートルオーバーさせると、返しも決められず集中力が切れたのか、このホールは4パットでダブルボギーとしてしまう。その後も16番からボギーを叩き、この日は“75”でホールアウト。スコアを3つ後退させトータル3オーバー37位に後退した。
 14番での4パットに「最近攻めようと思い切ってやるとそういう風になってしまって…」と悔しそうに話した有村。「これがしっかり攻められるようになれば上にいけるけど…まだまだだなと思います」と言葉を搾り出した。
 首位とは10打差、残り2日間とはいえ連覇は厳しい状況になってしまった。攻めようとする「勇気をないがしろにしてしまう」のが今の有村のゴルフ。この日はホールアウト後に入念にパット練習を行った有村。思い入れのある大会、このまま終わるわけにはいかない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里藍、初日中止も動じず「準備はできている」
遼、1ホール残しでサスペンデッド!イーブンパー暫定44位タイ
ほんとに飛ぶのか!うわさの“飛びの怪物”を試打!リポートはここから
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング