やや弛緩していた公開計量だったが、一気に緊張感が増したフレイレとヌネスの睨み合い (C)MMAPLANET

写真拡大

12日(木・現地時間)、明日13日(金・同)にカリフォルニア州テメキュラのペチャンガ・リゾート&カジノで開催されるBellator 99の公開計量が、同所キャバレー・ラウンジで行われた。

アコップ・ステパーニャン、ウィルソン・コックスが0.3ポンドオーバーで再計量に回り、プレリミでは2試合がキャッチウェイトになるなど、やや締まりのなかった公開計量だが、メインのフェザー級トーナメント準々決勝で対戦するディエゴ・ヌネスとパトリシオ・フレイレの睨みあいで一気に緊張感が高まった。特にフレイレの殺気は尋常でなく、司会のジミー・スミスが苦笑いを浮かべて、両者を引き離したほど。

その両者、ヌネスは「ピッチブゥは本当にタフな対戦相手。だからハードトレーニングを積んできた。まぁ、ブラジルではタフでないと生き残れないからね」と語ると、フレイレは「闘犬だ。ぶちのめす」と殺気をはらんだまま言い捨てた。同イベントの計量結果は以下の通りとなっている。

■Bellator MMA 99 主な計量結果

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
パトリシオ・フレイレ:145.5 ポンド(66キロ)
ディエゴ・ヌネス:145 ポンド(65.77キロ)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
デス・グリーン:146 ポンド(66.22キロ)
ファブリシオ・グェレーロ:145.4 ポンド(65.95キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヒューストン・アレキサンダー:205.8 ポンド(93.35キロ)
ウラジミール・マティシェンコ:204.6 ポンド(92.81キロ)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
アコップ・ステパーニャン:146 ポンド(66.22キロ)
ウィルソン・コックス:146 ポンド(66.22キロ)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
ジョー・タイマングロ:146 ポンド(66.22キロ)
アンドリュー・フィッシャー:145.4 ポンド(65.95キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マニー・ララ:246 ポンド(111.6キロ)
ブラゴイ・イヴァノフ:251 ポンド(113.9キロ)

<フェザー級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ:145.6 ポンド(66.04キロ)
ムサ・トリヴァー:145.3 ポンド(65.91キロ)