『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』(みうらじゅん 宮藤官九郎、集英社)

写真拡大

「お父さんは何歳まで娘と一緒にお風呂に入っていいのか?」――こんな恥ずかしくて今さら人には聞けない疑問の数々に、「ゆるキャラ」のみうらじゅんと「あまちゃん」の宮藤官九郎(クドカン)の両氏が真っ向から挑んだ。

その対談の記録が『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』(集英社、1260円)に収められている。

ゆるくて笑えて、ときどき深い

「どうしてヤンキーは結婚が早いのか?」
「童貞を喪失すると何が変わってしまうんだろう?」
「死ぬのが怖いのはどうしてだろう?」

目次にはこんな「男と女」、人生、「仕事と遊び」についての「素朴すぎる疑問」が実に35本も並ぶ。答えがあるようなないようなテーマに、恥ずかしい過去を赤裸々に語ったり、横道に脱線したりしながら2人が迫っていく。

「キープオン不良にも優等生にもなれなかったミドル・ロードを、あるときはコンプレックスに思い、あるときは『仕方ないじゃん。そうなんだもん』と開き直り生きてきた者同士、盛り上がらないわけがない」(みうらじゅん、前書きより)

との言葉どおり、日本のサブカル界を牽引してきた「永遠の中2」コンビが繰り広げる「下世話な哲学問答」はゆるくて笑えて、ときどき深い。

週刊プレイボーイで連載中のコラム「大人になってもわからない」をまとめたものだ。2013年9月9日、刊行された。