写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「スーパーオクトーバーフェスト in 東京ドーム 2013」実行委員会は11月28日〜12月1日、国内最大規模のドイツビールの祭典「スーパーオクトーバーフェスト in 東京ドーム 2013」を、昨年に続き東京ドームにて開催する。

○国内最大規模のオクトーバーフェスト

「OKTOBERFEST(オクトーバーフェスト)」は、新しいビールの醸造シーズンの幕開けのお祝いとして、ドイツ・ミュンヘンにて毎年開催されている世界最大のビールの祭典。世界中から約700万人以上を動員する盛況ぶりで、本場・ミュンヘンをモデルにしたオクトーバーフェストも世界各地で開催されている。

日本国内においても各地で定期的に開催されており、近年のクラフトビール(職人による小規模醸造ビール)ブームの高まりや、海外の文化に触れる"お祭り"としての認知向上も追い風となり、家族連れをはじめ幅広い客層が来場することで、大きな盛り上がりを見せているという。

同イベントでは、ホフブロイやシュパーテンなど、ミュンヘンを代表するブリワリー(醸造所)が出品を予定。会場は、オクトーバーフェストの魅力をより多くの人たちに知ってもらいたいとの思いから、昨年と同じく、本場・ミュンヘンの圧倒的なスケールを体感できる東京ドームに決定した。"国内最大規模"のドイツビールの祭典にふさわしい、様々なコンテンツを用意するという。

開催日時は、11月28日・29日 12時〜23時(LO22時)、11月30日・12月1日 11時〜22時(LO21時)。会場は、東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)。入場方法はチケット制で、前売り券は10月上旬以降販売開始予定。料金など詳細は、決定次第公式ページにて公開される。

(エボル)