写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○FXトレーダーの間で人気の「VPS」って何?

最近、FXトレーダーの間で「VPS」が話題になっている。VPSとは仮想プライベートサーバーの略で、簡単にいえば、インターネットの向こう側に自分専用のパソコンをレンタルできるというサービスだ。

厳密にいうと、パソコンではなく、強力なサーバーコンピューターを利用する。強力であるがゆえに、内部に数十台分の一般的なWindowsやリナックスパソコンを仮想的に動かすことができる。そのため、パソコン1台分の部分だけを低価格でレンタルできるという仕組みだ。レンタル価格はもちろん性能やサービスによって異なるが、月数千円で利用できるというのが一般的だ。

もちろん、FXトレーダーにとって、こんな技術的な背景は知る必要はなく、「インターネットの向こう側に自分専用のパソコンが1台レンタルできる」と考えて差し支えない。そのレンタルパソコンの操作は、インターネットを通じて自分のパソコンから普通のパソコンと同じようにできるし、最近ではスマートフォンから操作できることをセールスポイントにしているVPSも登場してきている。

このようなVPSサービスを利用して、メタトレーダーなどのチャート分析ソフトを動かし、そこでFXの自動売買をする人が増えているのだ。

○FXの著名トレーダー「はんぞ」氏も『VPS』を利用

「はんぞ」氏は、FXトレーダーの間では知らない人がいないという著名トレーダー。自身もFXの裁量取引、自動売買をしながら、FXのエバンジェリストとして多彩な活躍をしている。はんぞ氏のFX経験は7年ほどになるが、5年ほど前からさまざまなVPSを利用しているという。

「僕にとってのVPSは、自動売買のツールですね。メタトレーダーに『EA=エキスパートアドバイザー』というツールを入れて使っています」

メタトレーダーは、この世界では知らない人がいないほど有名なWindows用チャート分析ソフト。FX市場の通貨データを読みこんで、さまざまな分析ができるだけなく、エキスパートアドバイザーを利用すると、自動売買までができる。自分で売買アルゴリズムを作ることも、アルゴリズムを購入して使うこともでき、対応しているFX取引会社であれば発注、決済まで自動的にやってくれるという優れものだ。もし、優秀なEAを手に入れる、あるいは開発することに成功すれば、自分はなにもしなくても、メタトレーダーが売買のすべてを自動的にやってくれるということになる。

「僕は3年ほど裁量でFXをやってみて、わかったことが、自分には才能がないなということ。FXの世界では専業のプロたちが売買をしている。会社員である自分が、そういうプロたちに立ち向かっていくのはとてもむずかしいということに気がつきました。それで、自動売買ならと思い始めたのです」

そこではんぞ氏は、メタトレーダーを自分のパソコンにインストールして自動売買を始めた。

○「はんぞ」氏が『VPS』を使いはじめたきっかけって?

「でも、自分のパソコンだと、すごく不安なんです。自分がいるときはいいですけど、一日中家にいて、パソコンの前で番をしているわけにはいかない。仕事にもいかなければいけないし、たまには気分転換にでかけたいときもあるじゃないですか。そのとき、ちゃんとパソコンが動いて自動売買がおこなわれていかどうかがすごく心配になるんです。パソコンがフリーズしていないか、ネット回線が落ちていないか、家族が知らずにパソコンを触っていないかと。1、2カ月やってみたけど、これはやってらへんわと思いました」

そこで、はんぞ氏が次に試したのがVPSだった。VPSはデータセンターの中に置かれているので、不慮の停止をするということが考えづらい。セキュリティ上もしっかりしている。しかし、当時、2009年ごろは、ほとんど海外のVPSサービスしかなかった。そこでとりあえず海外のVPSサービスを使ってみた。

「確かに価格は月10ドルと安かったんですけど、品質はやっぱりそれなり。しょっちゅう停止するし、リモートで操作をしようとしても遅い。それにサポートもないに等しい」

自分のVPSにトラブルが発生して、一旦リセットをしなければならない事態になったことがある。はんぞ氏は電子メールでそのVPS業者に連絡をし、状況を説明した。

「なんの返事もなくて、2、3日したらいつの間にかリセットされていた。リセットしましたという連絡すらない。まあ、ものすごくアメリカ的ですよね(笑)」

その頃、日本のVPSサービスも登場し始めてきた。

「やっぱり、サービスレベルが全然違いました。そもそも勝手に停止するなんていうことはないですし、サポートもしっかりやってくれる」

ただし、海外のVPSサービスは価格が圧倒的に安い。

「今は、使い分けをしています。日本のVPSでは自動売買、自動決済をおこない、海外のVPSでは新しいソフトウェアや新しい自動売買プログラムのテストをおこなうというようにしています。リアルマネーは日本のVPS、テストは海外のVPSです。値段が同じなら、サービスレベルはやっぱり日本の方がはるかに高いと思います」

○今は、90%以上の『VPS』事業者がFXトレーダーをしっかり意識

さらに、この2、3年ほど、日本のVPSサービスは、FXトレーダーをきわめて意識するようになってきたという。

「昔は、日本のVPS業者でも平日の夜にメンテナンスで停止しますというところがあったんです。これはFXトレーダーにとってはとても困りますね。平日は24時間相場が動いていますから。それでクレームを入れたら、向こうもFXトレードで使っていることに驚いていたようです。それからは、日曜の早朝にメンテナンスをおこなうようになりました。今は、90%以上のVPS業者がFXトレーダーのことをしっかり意識していると思います」

では、どのようなVPS業者を選んでおけば後悔しないだろうか。はんぞ氏は、とくに大切なのがVPSにトラブルが生じたときにすぐに連絡を入れてくれる業者を選ぶべきだという。現在のVPSは、どこの業者も定期メンテナンス以外はほぼ100%稼動となっているが、機械である以上、厳密に100%稼動というわけにはいかない。なにかのトラブルで、3分間停止した、VPSを再起動したということはどうしても避けられない。このような場合、自動売買が動き続けてくれるかどうかは保証できない。

「ですから、そういう小さなトラブルでも、メールですぐに知らせてくれる業者を選ぶべきです。今では、どこのパソコンからでも、スマートフォンからもVPSを操作できますから、止まったということがわかりさえすれば対処できる。でも、知らせてくれないと、次に自分でアクセスするときまで気がつきませんよね。これはFXトレーダーにとって致命的」

やはり、どんなサービスでも、トラブル時の顧客への素早い対応が大切ということだ。VPSサービスを利用する際は、以上のポイントを考慮して選ぶといいかもしれない。

○「はんぞ」氏が『VPSサービス』を使っているワケ

ところで、FXトレーダーにとっての自動売買、VPSの魅力とはどこにあるのだろうか? はんぞ氏は、自動売買をすべてのFXトレーダーに勧めるつもりはないという。

「FXをやる人はやっぱり裁量でやりたいんですね。裁量取引の理論を勉強するのは楽しいですし、それで利益がでたときは、自分の力で利益をあげたという達成感がある。1回、2回の取引ならともかく、年間を通した利益、損失でいえば、ギャンブルのような偶然性というのはまるでない世界ですから」

では、はんぞ氏はなぜVPSを使って自動売買をしているのだろうか?

「自動売買は、自分の弱いところを補ってくれるんです。長く使っていて信頼している自動売買のEAがあるんですけど、これは資金量と相場状況に応じて、取引単位を自動的に増減するロジックが組みこまれています。勝てそうなときは取引単位をあげていって、むずかしい相場になると取引単位を減らして、負けを小さくするんですね。あるとき、見ていたら、ものすごい額を取引している。だいじょうぶなのか? 怖いなと思いました。でも、ちゃんと利益を確定している。もし、自分で裁量でやっていたら、ああいう高額の取引は怖くてできなかったと思います」

○『VPS』を使った自動売買は"大人のFX"

はんぞ氏は、VPSを使った自動売買は「大人のFX」であるという。大人のFXとは、勝ち負けを意識するものではなく、運用ということを意識することだ。

「よく、裁量でFXをやって、資金を2倍にしたい、3倍にしたいという人がいて、それはうまくいくこともあるかもしれませんが、いずれにしても長続きはしません。僕は、年の運用利率20%を目標にしています」

はんぞ氏は、一時、10台のVPSを借りて、それぞれでメタトレーダーを5本動かして、それぞれでEAを10本ぐらい動かしていた。テスト運用分も含めてだが、合計で自動売買プログラムを数百本走らせていたという。なぜ、そんなことをするのかというと、ロジックに対して分散投資するためだ。さまざなロジックに分散投資することによって、大勝することはなくなるが、着実に運用益が生まれてくる。

さらに、はんぞ氏は、FXだけでなく、株や不動産にも投資をおこなっている。資金もさまざまな投資に分散させているのだ。「なにがなんでもFXで勝ってやるんだ」といういきすぎた情熱はもう卒業している。

「今は、投資に回す金額が大きくなってきたので、FXに関しては自動売買で月に3%利益がでればいいという気軽な気持ちでやっています。でも、これでも一般的な投資よりははるかに効率がいい。それと、お小遣い程度の額を、楽しみと勉強を兼ねて、自分の裁量で取引しています」

○FXはギャンブルではなく、"健全な投資対象"

はんぞ氏が何度も強調するのが、FXは一攫千金を夢見るギャンブルではなく、健全な投資対象として考えるべきだということだ。

「確かにFXに興味をもつきっかけというのは、めざせ億トレーダーみたいなところかもしれません。僕自身も最初はそうでした。でも、それは宝くじにあたるぐらいの確率で、だれにでもできることはありません。でも、健全な投資は、だれにでもできる。VPSを使った自動売買というのは、そういうクールな投資としてのFXを考えたときには、どうしても必要なツールなのです」

今のはんぞ氏は、話し方も穏やかで、気さくで、頼りになりそうなオーラを放っていて、明らかに人生を楽しんでいる。しかし、裁量トレードをしていた頃はそうではなかっただろう。一日中、仕事中ですらFXのことを考え、気になって、自分のすべての時間をFXに捧げていた。しかし、"自動売買=大人のFX"を始めてからのはんぞ氏は違う。自分の時間を自分の人生のための使うことができるようになったのだ。自動売買は、FXトレーダーを成熟した大人にしてくれるのだ。

○初めてのVPSなら、月額1,924円からの仮想デスクトップ

いつでも、どこからでも、自由にアクセスすることができるWindowsデスクトップ環境(VPS)。サーバーは国内に設置してあるため動作もスムーズ。人気のFX自動売買ソフト「MT4」が プリインストールされており、FX自動売買の動作環境として最適です。MacからWindowsアプリケーションを動作させる用途や、複数の端末から同じ環境へアクセスできるPC用途としても、幅広く利用することができます。Microsoft Officeが利用できるプランもご用意しています。

詳しくは、こちらのサイトを参照してください。

(牧野武文)