父の優さんとリラックスした雰囲気で調整する宮里(撮影:福田文平)

写真拡大

<エビアン・チャンピオンシップ 初日◇12日◇エビアンリゾートGC(6,428ヤード・パー71)>
女子メジャー最終戦「エビアン・チャンピオンシップ」は、雷雨により2時間遅れで競技がスタート。しかし、5組がスタートしたところで降雨によるコースコンディション悪化のため初日は中止となった。
藍、桃子、美香らの写真も満載!女子プロ写真館
 すでにスタートしていた5組15名のスコアはキャンセルされ、金曜日に改めて第1ラウンドを実施。そのご、土曜日に第2ラウンド、最終日曜日に決勝ラウンド36ホールを行い72ホールの競技成立を目指していく。4人が出場している日本勢は全員がスタートできず、上田桃子を除く3人が中止決定後にコースを訪れ練習場で調整を行った。
宮里藍
36ホールの決勝ラウンドは今まで何度も経験してきているし、そのための準備もできています。とにかく決勝に残れるように明日から頑張ります。
宮里美香
とにかく決断が早かったなという印象。今日はショートゲームを中心に練習。グリーンを外すと難しいアプローチが残るので100ヤード以内を重点的にやりました。
上原彩子
日曜の36Hは最近ずっと。最後までラウンドできる体力を考えつつ明日からの予選ラウンドに臨みたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>