旧万世橋駅遺構を再生 神田「マーチエキュート」公開

写真拡大

 JR中央線神田駅から御茶ノ水駅にかけて伸びる赤煉瓦の高架下を活用した商業施設「mAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋」が、9月14日の開業に先駆けて公開された。駅舎として造られた昔からの価値と現代の新しい要素を融合した5つのゾーンに、飲食や雑貨小物など新業態を含む11ショップが出店。旧万世橋駅のホーム部分にカフェや展望デッキを設けるなど、遺構と一体化した新名所が完成した。

マーチエキュート神田万世橋を公開の画像を拡大

 1912年に中央線の一大ターミナルとして開業した旧万世橋駅は、1936年に交通博物館が併設され、1943年の廃駅を経て博物館が閉館される2006年までの長い間、多くの人に親しまれてきた場所。そこを新商業施設「mAAch ecute 神田万世橋」として「万世橋駅サロン」をコンセプトにリノベーションすることで、運営するJR東日本ステーションリテイリングでは「時間・時代の重なりと地域への広がり、縦と横の繋がりが同時に感じられる場所を目指す」(代表取締役社長 三井剛氏)という。

 「mAAch ecute 神田万世橋」は「再生」をキーワードに、以前の残された建築を活用。旧駅舎の開業当時に造られた1912階段と鉄道博物館のオープンを機に設置された1935階段は整備して70年ぶりに一般公開する。階段を上った先の旧ホーム部にはコマンドNがプロデュースする初のカフェ業態「N3331(エヌサンサンサンイチ)」が誕生し、間近に通る電車を眺めながら軽食などをとることが可能。一般開放する展望デッキエリアでは、万世橋時代のホーム上屋の基礎の一部や駅名標を見ることができる。

 期間限定展開を含む全11ショップのうち、神田川沿いに面しオープンデッキでつながったエリアには4ショップが出店。独自でセレクトしたウェアや雑貨が並ぶセレクトショップとカフェを併設した「haluta (ハルタ)」、書籍販売やデジタルコンテンツの提供で周辺エリアの魅力を発信する「LIBRARY(ライブラリー)」、イベントスペースとして開業時は帆布カバン「工房HOSONO」の商品や「台東デザイナーズビレッジ」のクリエイター達によるプロダクトを取り扱う「佇マイ(タタズマイ)」等を導入した。一方、現代的なビルに隣接し新旧の融合を感じさせるエリアには7ショップが路面店形式に並び、ワイン居酒屋「VINOSITY」による初の物販ショップで試飲エリアも設けた「VINOSITY domi(ヴィノシティ ドミ)」をはじめ、フランスおでんの「ル・プチ神田」、トレインショップやフラワーショップなど幅広い業態の店舗が出店している。

■mAAch ecute 神田万世橋
 住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4
 TEL:03-3257-8910
 営業時間:物販 11:00〜21:00(日祝 20:00)
      飲食・カフェ 11:00〜23:00(日祝 21:00)
  ※haluta 閉店時間は物販営業時間に準ずる
  ※遺構階段・オープンデッキは、飲食・カフェ営業時間より30分早く終了
 定休日:不定休
■店舗
haluta、LIBRARY、フクモリ 、VINOSITY domi、FLEURISTE BON MARCHE(フルーリスト・ボンマルシェ)、OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒーロースターズ) 、NOAKE TOKYO(ノアケ トウキョウ)、駿河屋賀兵衛(スルガヤカヘイ)、ル・プチ神田、ポポンデッタ※期間限定、N3331