写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR北海道は10月1日から、特急列車の車内販売にICカード乗車券「Kitaca」での決済を導入する。対象となる列車は、客室乗務員が乗務する特急「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」「スーパー宗谷」「オホーツク」「スーパー北斗」など。

これらの列車では、商品を購入する際、現金を支払う代わりに、客室乗務員が携帯するハンディー端末にICカードをかざすことで決済が完了する。車内販売へのICカード決済導入は、JR東日本に次いでJRグループで2社目。「Suica」「ICOCA」など全国相互利用している交通系ICカードも利用可能とのこと。

(佐々木康弘)