写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユナイテッドアローズの海外子会社である台湾聯合艾諾股份有限公司は10月31日、主力事業「UNITED ARROWS/ユナイテッドアローズ」(UA)の海外初の直営店となる「UA 台北店」をオープンする。

○台湾の金融・経済の中心地に海外初の直営店がオープン

UAは1990年7月、セレクトショップとして、東京都渋谷区に路面店の1号店をオープンして以来、駅ビルやファッションビル、百貨店にまでチャネルを広げ、現在では日本全国に35店舗を展開。23周年を迎える今年、海外1号店の、台湾の金融・経済の中心地でのオープンが決定した。

同店は2フロア構成で、面積は67.5坪。店舗内装は、UAのクリエイティブディレクター・鴨志田康人氏が監修した。重厚感のあるテクスチャーに、ロフトを彷彿とさせる吹き抜けのある開放的な空間、ほどよい緊張感と心地良さを併せ持ったたたずまいに、同社のモダンクラシックの精神が凝縮されているという。

日本での商品展開と同様に、世界中からセレクトしたブランドと豊富なオリジナル企画商品のウェアから服飾雑貨、生活雑貨まで、フルラインナップでそろえる。

「UNITED ARROWS TAIPEI/ユナイテッドアローズ 台北店」(台湾・臺北市大安區仁愛路四段71巷30號及32號1樓)は、10月31日オープン。営業時間は11時〜21時で、不定休。その他、詳細は同店Webサイト(9月13日公開予定)を参照のこと。

(エボル)