写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パイプドビッツが運営する地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」は10月11日〜20日、東京都・下北沢にて、「下北沢カレーフェスティバル2013」:破〜 シモキタからカレーが消えた日 〜を開催する。

○下北沢のカレー店72店舗が参加する、街ぐるみイベント

ファッション、音楽、演劇など、個性的で多様な文化が魅力の下北沢は、テレビや雑誌でも取り上げられるグルメの街でもあり、また、個性豊かなカレー店が多い「隠れたカレーの街」でもあるともいう。

同イベントは、店頭や街中で、"下北沢のカレーを楽しんでもらう"というミッションをクリアするために集められたエージェント集団「カレーまんズ11(イレブン)」が無料で配布するカレーマップを見ながら、いろいろな店のカレーを食べてまわり、お気に入りのカレーを見つけるイベント。昨年10月に第1回が開催され、来場者は推定1万食を超えるカレーを楽しんだという。

今回は、下北沢のカレーを扱う72店舗が参加。会期中は店ごとに、食べ歩きに適したミニカレーや限定メニューの提供、カレーフェスティバル特別奉仕価格などを用意。カレーを食べて集めたカードの数に応じて、ステッカーやTシャツなどのカレーフェスティバルオリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施する。

また、下北沢でいちばんカレーが似合う"下北沢ミスカレー"を選出する「下北沢ミスカレーコンテスト」を開催。参加店舗のカレーと一緒の写真を撮って応募(自薦他薦不問)し、優勝者には"下北沢ミスカレー"の称号の授与と、「I LOVE下北沢」での特集を実施する。さらに副賞として、「カレーまんズ11」が曲を作ってプレゼントする。

開催日は、10月11日〜20日。会場は、東京都世田谷区・下北沢周辺のカレー店。参加店舗などの詳細は、同イベントWebサイトを参照のこと。

(エボル)