ルイ・ヴィトンの国内最大店舗が松屋銀座に

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が9月12日、リニューアルしたルイ・ヴィトン 松屋銀座店を公開した。外観は建築家青木淳、内装はアメリカの建築家Peter Marino(ピーター・ マリノ)が担当した同店は、国内最大の売場面積を誇る店舗。18時には青木淳や女優の菊池凛子を迎え、テープカットセレモニーが開かれた。オープンは9月13日。

ルイ ヴィトン最大店舗の画像を拡大

 ルイ・ヴィトン 松屋銀座店は、2000年11月の出店以来の初の大規模リニューアルで、2フロア構成から3フロア構成に拡張。銀座の中央通りとマロニエ通りの角に位置するルイ・ヴィトン 松屋銀座店の外観は、青木淳による松屋銀座の8階までを覆ったフルファザードが特徴。「LOUIS VUITTON」の象徴的なモチーフの一つであるダミエ・パターンを柔らかな曲線で表現したソフト・ダミエが採用され、夜にはライトアップによりモノグラム・モチーフを彷彿とさせる表情に変化するという。また、内装は「LOUIS VUITTON」のDNAである旅をテーマにピーター・マリノが担当し、光を効果的に用いてフューチャリスティックな空間を演出している。

 1階はウィメンズとメンズのレザーグッズ、トラベルラゲージ、革小物、2階ではウィメンズのプレタポルテとシューズを展開。3階にはメンズアイテムに加えて、世界で3店舗のみ取り扱うステーショナリー・コレクション「Writing Universe」のコーナーを設置している。幅広いアイテムを揃えることで、よりインターナショナルな客層にアプローチできるような店舗に生まれ変わり、近隣の並木通り店との棲み分けを確立していくという。なお、2013年5月に設けられた1階、2階の仮設売場は12日をもって閉店。13日にはオープンを記念して、バッグのボディを3つに区切るラインが「W」を連想させる新作バッグ「Wシリーズ」を先行発売する。

■ルイ・ヴィトン 松屋銀座店
住所:東京都中央区銀座3-6-1
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休