カール・ラガーフェルドの素顔に迫るドキュメンタリー映画 11月公開

写真拡大

 デザイナーKarl Lagerfeldの素顔に迫るドキュメンタリー映画「ファッションを創る男〜カール・ラガーフェルド〜」の予告編とポスタービジュアルが公開された。トレードマークとされているサングラスを外したシーンなど貴重な映像を収録し、ポスターの中央はKarl Lagerfeldの横顔で象られている。シネマート新宿やヒューマントラストシネマ有楽町などで11月16日から全国順次ロードショー。

カールラガーフェルド映画公開の画像を拡大

 「CHANEL(シャネル)」のブティック1号店開業から100周年を記念して公開される「ファッションを創る男〜カール・ラガーフェルド〜」は、ファッション業界のトップに君臨し、世界のファッションを牽引してきたカリスマデザイナーKarl Lagerfeldの仕事とプライベートに密着したドキュメンタリー映画。撮影期間は2年間で200時間を費やし、自宅の様子からフィンガー・カットの革手袋を嵌めたままデザイン画を描く姿、ニコール・キッドマンらセレブとのフォトシューティングなど、完璧主義者の情熱にあふれた仕事ぶりが映し出されている。少年期やセクシャリティについてKarl Lagerfeld自身が語り、過激な人生哲学が明かされる。

 公開された予告編には、デザインを進行していく工程や友人のモナコ王妃カロリーヌと談笑するシーンを収録。またポスターにはファッションショーでステージに立つ様子や一緒に仕事をしていた二コール・キッドマンの姿が描かれ、象徴的なシーンを散りばめている。

■ファッションを創る男〜カール・ラガーフェルド〜
 監督/撮影/録音:ロドルフ・マルコーニ、2007年/フランス/フランス語・英語/89分、配給:アルシネテラン

※第57回ベルリン国際映画祭コンペティション部門 正式出品作品