7バーディ、1ボギーの6アンダーで単独首位に立った酒井美紀(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日◇12日◇恵庭カントリー倶楽部(6,682ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」が北海道の恵庭カントリー倶楽部を舞台に開幕。初日の競技を終え、酒井美紀が7バーディ・1ボギーの66をマーク。6アンダーで単独首位に立った。2打差の2位タイには吉田弓美子、イ・ボミ(韓国)、一ノ瀬優希の3選手がつけている。

 北海道は悪天候続きで恵庭カントリーも地面がぬかるみランが出にくい状況に。昨晩も雨が降ったためさらにボールはコロがらなくなり、この日は2番ホールなどでティグラウンドが前に出された。これを好スコアにつなげたのが酒井。2番は「ボギーホールと考えていた」がかなり距離が縮まったため、パーをセーブ。「北海道の芝はターフをとるのが楽しくて」自然と練習量が増えて、ショットが絶好調。ここ2試合ではトップ10以内でフィニッシュしているが、この日はパットも噛みあい自己ベストを叩き出した。
 同組の「(堀)奈津佳と(野村)敏京もすごくリズムが良くて、2人にも引っ張られました」と組み合わせにも恵まれた。今季は好調ながら悲願の初優勝はまだつかめていない。この日は実力と多少の幸運にも恵まれてロケットスタート。飛距離が出ないため「目標は昨年以上の20位以内」と弱気だが、このチャンスを無駄にするつもりはないだろう。安定感のあるショットでタフなセッティングをねじ伏せ、初めての栄冠に前進していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
有村智恵が久しぶりの国内女子ツアー出場、メジャー第2戦明日開幕
藍、メジャー制覇へ改造コース警戒「物理的にパーオンできない」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング