日本上陸「ホリスター」1号店公開 イケメンライフガード店員が出迎え

写真拡大

 「Abercrombie&Fitch(アバクロンビー&フィッチ)」の姉妹ブランド「HOLLISTER(ホリスター)」の日本1号店が、9月11日に初公開された。三井ショッピングパーク ららぽーと横浜にオープンする同店は、「Abercrombie&Fitch」のスタイルと同じくライフガードと呼ばれるストアモデルが接客を担当。照明を落とした店内には、アメリカ西海岸のサーファースタイルにインスピレーションを得たというメンズとウィメンズの最新コレクションがそろう。

ホリスター日本1号店公開の画像を拡大

 2000年に立ち上げられた南カリフォルニア発のカジュアルブランド「HOLLISTER」は、アメリカをはじめとする世界約600店舗を展開している。今回、三井ショッピングパーク ららぽーと横浜の大規模リニューアルの集大成として初上陸し、「ZARA HOME(ザラホーム)」や「Tommy Bahama(トミーバハマ)」、「CHARLES&KEITH(チャールズ&キー ス)」、「SPAO(スパオ)」といった初上陸のインターナショナルブランドに続いて同館1階に637平方メートルの広さで出店する。「気取らないかっこよさ」をイメージした店内は、きらびやかなシャンデリアやソファ、カリフォルニアの人気スポットであるハンティントン・ビーチの映像を映すLEDスクリーンなど、南カリフォルニアのライフスタイルを演出する什器やインテリアを導入。店内左手でウィメンズ、右手でメンズを取り扱い、トレンド性の高いアイテムとしてオープン時はチェック柄のトップスにフィーチャーする。中心価格はTシャツが2千円、シャツが5千円、アウターが1万円など。

 今日開かれた内覧会では、「Abercrombie&Fitch」の接客スタイルと同じく、ライフガードと呼ばれるストアモデルが「HEY WHAT'S UP ?」「WELCOME TO THE PIER.」と声がけをしながら店内を盛り上げた。男性スタッフは、ホリスター流のスタイリングについて「デニムはなるべく小さいサイズを勧めていて、ローライズのベルトの着け方にもこだわりがあります」と特徴を説明した。また、今後の日本展開について「HOLLISTER」のPR担当者は「まずは1号店の運営に注力していきたい」とし、本国では高校生を中心に人気のブランドだが日本ではファミリー世代を中心に支持を得るららぽーと横浜から認知を広げていく計画だ。1号店のHOLLISTER ららぽーと横浜店は9月14日にオープンを迎える。

■アバクロ姉妹ブランド「ホリスター」初上陸 ららぽーと横浜に出店
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-07-18/hollister-japan/

■HOLLISTER ららぽーと横浜店
 場所:ららぽーと横浜 1F
 住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1
 TEL:045-937-1570
 営業時間:10:00〜21:00
 http://www.hollisterco.com/