写真提供:マイナビニュース

写真拡大

早稲田大学人間科学部は11日、同学部3年の男子学生が京都市伏見区の伏見稲荷大社で全裸姿を撮影し、画像を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿したとして、ホームページに謝罪文を掲載した。

謝罪文によると、当該学生が複数の不適切な行為をツイッター上に書き込みをしたとの報道を受け、同学部で事実関係を確認したところ、当該男子学生が関与していたことが確認されたという。

同学部は、「このような問題を起こし、関係の方々に多大なるご迷惑をおかけし、また社会をお騒がせしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。当該学生については、速やかに同大の規定に則り厳正に処分するとともに、学内においても連携の上、再発防止に取り組むとしている。

(御木本千春)