2013年9月7日のIOC総会で、「2020年オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催地に「東京」が選ばれると、国内外の投資家から五輪関連銘柄の注文が殺到するはず。でも、具体的に何が買われるのか? 誰もが知りたい即座に爆騰しそうな銘柄を、専門家に選んでもらおう。万が一、落選したら? 大丈夫。安倍政権の成長戦略が実行に移されることで、五輪銘柄は成長戦略銘柄に早変わりする。今のうちに仕込んでおいたほうがいいかも。


五輪関連銘柄で儲けるためには、まず9月7日のIOC(国際オリンピック委員会)総会前までに、関連銘柄を買っておくこと。開催地が東京に決まれば、その直後から関連銘柄に買い注文が殺到するはずだ。数日、数週間、数カ月と、十分に利益が乗ったところで利益確定してもいいし、上昇が続く気配ならキープしてもいい。なぜなら、そのころには安倍内閣の成長戦略の内容と景気回復基調が明確となり、株価上昇圧力となる可能性が高いからだ。

もし他の都市での開催となっても、成長戦略銘柄として注目されているようなら保有し続けよう。特に建設や不動産銘柄は恩恵を受けそう。

7年先の話になるが、開催直前にも五輪銘柄は買われる。そのときもう一度売買すれば、2度おいしさが味わえる。

この記事は「WEBネットマネー2013年10月号」に掲載されたものです。