ネクソン、「メイプルストーリー」2014年にニンテンドー3DSTM用ソフト発売

写真拡大 (全3枚)

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソンは、2014年にニンテンドー3DSTM用ソフト「メイプルストーリー 運命の少女」を発売すると発表した。価格は4,400円(税込)。販売はネクソン、流通はセガが行う。

【関連:Apple最初のコンピュータ「Apple I」も展示―「ネクソン コンピュータ ミュージアム」設立】


「メイプルストーリー」は、日本では2003年にサービス開始した、横スクロール2DアクションタイプのMMORPG。現在はアジア・北南米・欧州など計93ヵ国でサービスが展開されており、ネクソングループの人気ゲームタイトルになっている。

今回発表されたニンテンドー3DSTM用ソフト「メイプルストーリー 運命の少女」は、原作MMORPG版の世界観を発展させた作品。
精密なシナリオ、キャラクターの変化に合わせた爽快感のあるアクション演出が特徴。
その他には、ゲーム内アニメーション動画が全て3D対応となり、何度も遊ぶプレイヤーのための「やり込み要素」も搭載が予定されている。

なお、2013年9月19日(木)〜22日(日)に幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2013内のセガブースで、体験プレイが行われる。

―「メイプルストーリー 運命の少女』ゲーム概要
・対応機種: ニンテンドー3DSTM
・発売日: 2014年(予定)
・価格: 4,400円(税込)
・ジャンル: アクションRPG
・プレイ人数: 1人
・CERO: 「A」(全年齢対象)
・販売元: 株式会社ネクソン
・流通: 株式会社セガ