写真提供:マイナビニュース

写真拡大

外はふわふわ。中はトロトロ。お箸で割って口へ運ぶとスパイシーなカレー味と、歯ごたえある親鶏(かしわ)の食感が口いっぱいに広がる。B級グルメ直球的な商品性で、今や発祥の地・香川で知らぬ人はいないご当地グルメが「かっしゃ焼き」だ!

○中には濃厚なカレーかしわが!

面白いのはこのかっしゃ焼き、見た目がまるっきりたこ焼きなのだ。上に乗っているソースやカツオ粉の雰囲気までたこ焼きそのもの! しかし、中身は完全に違う。タコの代わりに濃厚なカレー味のかしわ(親鶏)が入っている。

中身のかしわはカレーの下味にたっぷり3日間もつけこみ、独特の風合いを出している。かっしゃ焼きはデビューするなり破竹の勢いでブームとなり、2010年の讃岐B級グルメコンテストにおいては見事グランプリを獲得した。

岡山倉敷店の店主であるグリーン・プラネットの二俣賢一氏に取材をすると、「オーナーの鈴木氏が子供の頃、駅前のたこやき店でおばあさんが手作りしていたのが、このかっしゃ焼きだったと聞いています」。そう。意外な返事が返ってきた。

オーナーの鈴木氏は現在40代。彼の子供時代ということはもしかして30年近く前? するとこのかっしゃ焼きは新規開発のB級グルメではなく、70年代には既に香川県に存在していたことになるのだろうか?

「どうやらそのようですよ。オーナーが昔むかしに大好きだったかっしゃ焼きは、当時、駅前のたこやき店のおばあちゃんが時々作っては店に出していたメニューだったそうです。そのおばあちゃんは、オーナーへ作り方まで丁寧に教えてくれたようですが、やがて店はなくなり、彼の手元には懐かしいおばあちゃんのレシピだけが残ったと聞いています」。

○おばあちゃん直伝の味を中国・四国で展開

そもそもこのかっしゃ焼き、昔はタコが手に入りにくい土地だったために、タコの代わりに鶏肉を入れて焼いていた。鶏肉のことを「かしわ」と呼ぶため、当初は「かしわ焼き」と言われていたものが、だんだん音が変化してきて、ついには「かっしゃ焼き」になったと言われている。

大人になった鈴木氏は、少年時代になじんだおばあちゃんのかっしゃ焼きの味わいと魅力を、全国へ広げたいと一念発起。「元祖かっしゃ焼き」と命名し、中国・四国エリアで店舗を5店舗にまで増やし、仲間たちとともに様々なイベントへの出展を始めたのだ。

○チーズや薄口かっしゃ焼きなどのオリジナルも

面白いことに、同じかっしゃ焼きでも地域ごとに特性を出し、それぞれの県民性をふまえや味付けやメニューに変化をもたせている。「愛媛の店舗ではソースはこってり目で、チーズを乗せたかっしゃ焼き(10個入り490円)など、濃いめのB級グルメ好き層を狙った展開も実施しています。一方で岡山は、さらりとした口当たりを好む人が多い。なので愛媛に比べソースは薄め。

かっしゃ焼きの表面にカツオの粉をまぶし、薄くソースを延ばす程度で商品として出しているんですよ」と二俣店主。地域を問わず値段は一律。10個入りで400円だ。

なるべく作り置きはせずオーダーが入ってから焼き始めるため、注文の事前電話予約が必要と二俣店主。出来たてのアツアツを食べてほしいというコンセプトは、エリアを問わず各店共通のスタンダードだ。

たこ焼きの外見に柔らかい鶏肉とカレー味のコンビなんて、日本全国の子供たちの人気商品になること間違いなしじゃないか!? 機会があれば是非賞味してほしいB級グルメである。

●information

元祖かっしゃ焼 岡山倉敷店

岡山県倉敷市中島1335

元祖かっしゃ焼 松山店

愛媛県松山市東石井5-13-11東石井ビル102

(OFFICE-SANGA)