華麗な"スマートツッコミ"で、テレビには欠かせない存在となっているフットボールアワーの後藤輝基さん。今や代名詞ともなりつつあるドヤ顔や、先日結婚を発表した28歳女性とお互いのことを「ペロちゃん」と呼び合うなどのエピソードで、"イジられやすいツッコミ"という役割を確立しつつあります。

そんな後藤さんが趣味のギターで、お笑い・音楽ファンの話題をさらったのが、人気深夜番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)で披露した自作の曲「ジェットエクスタシー」です。

芸人達がオリジナルで作曲した「マジソング」を演奏する企画「芸人マジ歌選手権」でお披露目された同曲。タイトルを略したフレーズ「ジェッタシー」の連呼、「エデンの園はワンナイトキッス」「嘘で固めたチェリービーンズ」など陳腐で意味のない歌詞や演奏中のドヤ顔に、有吉弘行や小倉優子などの審査員全員は、口に含んだ牛乳を噴出するしかありませんでした。その後も「ジェッタシー」のダサさを検証する企画や、後継曲「ヘブリカン」こと「ヘブンオブアメリカン」が誕生するなど、後藤さんの歌企画は番組内の人気シリーズとなりつつあります。

この度、そんな後藤さんがアラサー向け女性ファッション誌『BAILA』10月号のテレビCMに出演!「秋はベーシックさ 黒いタンクトップはシックさ」と、『BAILA』10月号の特集・付録を歌詞にしたオリジナルソング「BAILA10月号の歌」をギター片手に歌います。(CMは9/12〜9/18東京・大阪・名古屋エリアで放送予定。一部地域、局によって放送日が異なります。)

また、『BAILA』はCMを皮切りにこの秋「歌うBAILA」キャンペーンを実施。キャンペーンサイトでは、10月末までアラサー女子のホンネを大募集。「あるある!」なホンネを後藤さんが歌にします。

サイトでは一足先に、自身もアラサー女性と結婚した後藤さんが、「アラサー ニューステージ 張り切って行こうよ」「アラサー イズ オチャメなガール」と、アラサー女子への応援ソングを歌ったスペシャルWEBムービーも公開中。

果たして、"迷曲"「ジェッタシー」を超える楽曲となるのでしょうか。

【関連リンク】
「歌うBAILA」キャンペーンサイト http://utabaila.shueisha.co.jp



『BAILA (バイラ) 2013年 10月号 [雑誌]』
 著者:
 出版社:集英社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
元中日ドラゴンズ監督・落合博満が語る"人生の恩人"
渋谷直角さん 『このマンガが酷い!2013』ベスト1決定!? 話題の新刊について語る
映画『風立ちぬ』 庵野秀明起用の理由は「ボソッと喋るから」


■配信元
WEB本の雑誌