『母の力 土光敏夫をつくった100の言葉』

写真拡大

日本の市民100人に聞いたら99人は賛成であると答えるといわれたのが、「行政改革」だそうだ。長年行政改革に携わった元総務事務次官の増島俊之氏は、その著書『行政改革の視点』(良書普及会 1996年)で、そもそもは、手続重視の行政について定期的に見直しを行う「効率的な行政の実現」のことであり、行政の「ムリ、ムラ、ムダ」を省くということであったという。ところが、日本の財政悪化に伴い、行政の守備範囲を問う「財政再建の実現」という行政から受益を受ける国民に痛みを与えるテーマがつけ加わったとする。

「自立自助の哲学」、そして、「個人は質素に、社会は豊かに」を掲げて、1981年以来、臨時行政調査会(第二臨調)・臨時行政改革推進審議会(第一次行革審)の会長として、文字通り、国民から不評も買うことになる財政再建の実現に、命がけで取り組んだのが、土光敏夫氏である。我々の世代には、1982年7月に報道されたNHK特集「85歳の執念 行革の顔・土光敏夫」での、財界総理といわれた経団連会長まで歴任して栄達をきわめていながら、つつましい質素な生活をされている「メザシの土光さん」とのイメージが強烈だ。

母の教えを原動力に

3.11を経験した、ある1人のジャーナリストが、この土光氏が残した言葉を現代の日本に伝えることが東日本大震災からの復興に役立つと思い立ち、週末を利用し膨大な本を読み、関係者に取材を行って、2011年夏に世に問うたのが、『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』(出町譲著 文藝春秋)であった。この著作は土光氏の言葉の持つ力と著者の強い気持ちが読者に広く受け入れられ、ベストセラーとなった。

今般、同じ著者の手になる『母の力 土光敏夫をつくった100の言葉』(2013年7月 文藝春秋)が出版された。土光氏が、実は、母の教えを原動力にして、生涯懸命に生きてきたことを鮮やかに示す。土光氏の母・登美さんは、自らも国のため、人を育てるため奔走した人であり、戦争を憂い、「政治家も軍人も母に抱かれて育つ。国造りは女子教育から」と女学校を捨て身で設立したことなどが生き生きと描かれる。

「保守のエッセンス」を探る

また、この関係で評者が連想するのが、2012年2月24日号の「週刊金曜日」のコラム「中島岳志の風速計」に書かれた「浅田真央のリアリティ」である。中島氏は、浅田真央さんの、亡くなったお母さんについての発言を題材に、死者となった親しい人との出会い直しを語る。同様に、土光氏の生を死者となった登美さんが後押ししたのではないのか。死者になった母のまなざしが土光氏にはみえるのだ。本書『母の力』は、土光氏の言葉に、その母・登美さんの言葉を重ね併せる。奏でられた言葉は心を揺さぶるものとなった。

なお、中島氏の新著『「リベラル保守」宣言」(新潮社 2013年)は、橋下徹氏を批判したことからそのリスクを負える出版社に変更になったことが話題となったが、氏の「保守のエッセンス」を探る真摯な姿勢が印象的な著作だ。

夏は、日本国の大失敗である第二次世界大戦に思いを馳せる季節である。内閣府事務次官の松元崇氏の『持たざる国への道 あの戦争と大日本帝国の破綻』(中公文庫 2013年7月)は、卓越した行政実務家の技量で、70年近くたっても直視できないこの歴史を我々につまびらかにする。また、真珠湾攻撃の米国側への通告遅延に匹敵する日本外交の失態と目されつつある尖閣国有化について、関係者への綿密な取材をもとに描かれた『暗闘 尖閣国有化』(春原剛著 新潮社 2013年7月)は、この時期に熟読に値する労作だ。

経済官庁B(課長級 出向中)AK

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。