インターネット上でSNSなどのシェア機能を利用し情報の「拡散」をする人のうち、およそ4人に1人は「まとめサイト」を情報源として使っている――こんな数字が、電通パブリックリレーションズの調査により明らかになった。

最多は「友人のつぶやき、ブログ、SNS」で6割強が利用

調査によると、どのようなインターネット上の情報を(SNSなどのシェア機能を利用して)拡散するかという問い(複数回答)に対し、「友人のつぶやき、ブログ、SNSでの投稿」と答えた人が全体の60.8%でもっとも多かった。次いで新聞社などのメディアが運営する「ニュースサイト」(57.8%)、Yahoo!やlivedoorなどの「ポータルサイト」(53.7%)がつづき、NAVERなどの「まとめサイト」と回答した人も27.8%いた。

拡散時に信用する情報源としては「新聞社サイト」が38.0%、「Yahoo!」が34.8%、「ブログ」が30.3%、「2ちゃんねるまとめサイト」が22.2%、「NAVERまとめ」が20.0%という結果だった。

この結果について、電通PRデジタルコミュニケーション室シニアコンサルタントの細川一成氏は「インターネット上の情報流通構造において、まとめサイトが信頼性、口コミ波及力の強さの両面において存在感を持つことが確認された」とコメントしている。

調査の対象としたのは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県の15歳以上69歳以下の男女600人で、2013年3月に調査をおこなった。調査結果は9月6日、公表された。