グーグルが「edX」と提携

写真拡大

マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学によるNPO法人「edX」は2013年9月10日、米Google(グーグル)と提携し、講座をオンライン配信する新たなウェブサイト「Mooc.org」を2014年に立ち上げると発表した。

同サイトでは大学だけでなく、企業や政府機関にくわえ、個人も講座を自由に開設できる仕組み。

大学などの教育機関がインターネットで講座を無料配信するこころみは、「大規模公開オンライン講座」と呼ばれ、ここのところアメリカを中心に世界のトップクラスの大学が相次いで参入している。ビデオ講義だけでなく、小テストや宿題もインターネット上で出され、週単位で進行していくのが特徴だ。

今回グーグルとの提携を発表した「edX」には、MITとハーバード大学のほか、スタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー校など20以上の大学が参加しており、日本の京都大学も現在配信の準備を進めている。