お部屋探しをしているとき、物件情報の備考欄に「集会場あり」など共用施設の情報を見たことがある人もいるのでは? これらの共有施設は分譲賃貸マンション(分譲マンションを賃貸物件として貸し出しているもの)によく見られるものですが、マンション内に集会場やフィットネスジムなどがあるのは魅力的ですね。実際、どのくらいの人がどのような施設を使っているのでしょうか。そこで今回、マイナビ賃貸では賃貸住宅の「共有施設」について調査してみました。

■あったら使ってみたい施設のトップは「フィットネスジム」

Q.賃貸住宅を借りるときに、建物内にあったら使ってみたいと思う共用施設はどれですか?

建物内にあったら使ってみたいと思う共有施設で、最も多かったのが「フィットネスジム」(36.0%)。そして「温水プール」(23.0%)が続きました。「建物内にフィットネスジムやプールがあれば、仕事や家事で忙しくても少しの空き時間に施設を利用でき、長く続けられそう」という理由が多数。また、女性ならではの視点で「汗をかいても、すっぴんで帰宅できるから楽」という回答も。日頃運動不足の社会人にとって、気軽に運動できる場所は魅力的なようです。他には、「シアタールーム」、「ライブラリー」、「コンビニエンスストア」などが上位に入りました。

■あまり使わないと思う共有施設のトップは「ゴルフレンジ」

Q.正直、あまり使わないと思う共用施設はどれですか?

反対に、あまり使わないと思う共有施設を尋ねたところ、最も多かったのが「ゴルフレンジ(練習場)」(28.0%)でした。理由としては「ゴルフをしないから」という回答が最多。ゴルフをしない人が必要ないと思うのは当然のことですね。次に多かったのが「共同大浴場」(18.6%)。「近隣の人に裸を見られたくない」という理由が最も多く見られました。顔を見たことがある程度のご近所さんと裸の付き合いをするのはなかなか難しいようです。

■約6割の人が「共有施設」の使用経験なし

実際に使ったことがある施設を尋ねてみたところ、約6割の人が「使ったことがない」もしくは「共有施設のある物件に住んだことがないので使用したことがない」という回答でした。全国的に共有施設のある物件は増えてきているものの、やはり分譲タイプのマンションに多く見られるので、賃貸で共有施設のある物件は数が限られているようです。使ったことがある人の中で、最も多かったのは「集会場」。マンションの理事会やママ友同士の会合など用途はさまざま。利用料を徴収したり、利用者を制限したり、と細かな制約が設けられているところもあるようです。

今回の調査では、あったら使ってみたいと思っている賃貸住宅の「共有施設」はあるけれど、実際には施設がないため使ったことがある人は少ないことがわかりました。「共有施設」がお部屋探しの絶対の条件にはなりにくいようです。次にお部屋探しをする時は、憧れの「共有施設付き物件」に注目してみるのもおもしろいかもしれませんね。

【アンケート対象】

調査時期:2013年8月27日〜29日

調査対象:マイナビニュース会員

調査対象数:500名

調査方法:回答者限定ログイン式アンケート