永作博美が主演映画の舞台挨拶に登場

写真拡大

永作博美の主演映画『四十九日のレシピ』(11月9日公開)の完成披露試写会が9月11日に新宿バルト9で開催され、永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、主題歌「アロハ・オエ」を歌った安藤裕子、タナダユキ監督が登壇。6月に第2子の女児を出産後、初めて公の場に現れた永作は、観客からサプライズで「おめでとうございます!」と祝福の言葉をかけられると、「無事に出産できました。ありがとうございます」と満面の笑みを見せた。

【写真を見る】永作博美、ミニのワンピースで美脚を披露!

永作は、育児について「大変は大変ですが、私のように働きながら育児をされている方もたくさんいらっしゃるので、私も頑張ろうと思います」とコメント。その後、彼女が演じたヒロインについて「百合子はいろんなことをしょって生きている人。リアリティを表現するのは難しいだろうなと。みなさんに助けていただきました」と共演者に感謝の言葉を述べた。

百合子の父親役の石橋は、劇中で怒鳴るような声を上げており、それを観客の前でも披露。「セリフじゃないのに声出せるか!バカ野郎!」と言うと拍手が上がる。また、岡田将生は日経ブラジル人役ということで、「ボニータ!」と劇中のセリフを叫んだ後「恥ずかしながらやりました」と赤面しながら苦笑い。二階堂ふみは「ここ何年か、血のりがいっぱいで、殺したり殺されたりしている役ばかり。今回は安心して親に勧められます」と語り、笑いを取った。

『四十九日のレシピ』は、テレビドラマ化もされた伊吹有喜の同名小説を『百万円と苦虫女』(08)のタナダユキ監督が映画化したヒューマンドラマ。夫の浮気で実家に戻ったヒロインが、父親と突然現れた若い男女と共に奇妙な同居生活を送り、亡き母親の愛情を再確認していく。ラストの安藤裕子の主題歌も心に染みる。【取材・文/山崎伸子】