ティファニー、新デザインディレクターにフランチェスカ・アムフィテアトロフ起用

写真拡大

 ティファニー・アンド・カンパニーが、新デザイン ディレクターにFrancesca Amfitheatrof(フランチェスカ・アムフィテアトロフ)を起用した。John Loring(ジョン・ローリング)の後任。今後、Francesca Amfitheatrofはティファニー製品全てのデザインを監修する。

ティファニーが新デザインディレクター起用の画像を拡大

 Francesca Amfitheatrofは、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートとセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、そしてチェルシー・ アート・スクールを卒業。ジュエリーデザイナーと銀細工師という経歴を持ち、同氏がデザインしたジュエリーはニューヨーク近代美術館やパリのコレットなどで販売されている。「CHANEL(シャネル)」や「FENDI(フェンディ)」、「MARNI(マルニ)」といったファッションブランドのジュエリーもデザインしており、またコンサルタントやキュレーター、アドバイザーとして活動。ティファニー・アンド・カンパニーのマイケル・コワルスキー会長兼CEOは、「ティファニーの伝統に、ジュエリーとクラフトマンシップに対するフランチェスカの情熱が融合したとき、現代的な新しい方法でティファニーを解釈する素晴らしい機会が生まれるでしょう」とコメントを発表している。