写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友銀行はこのたび、10月21日より『SMBCダイレクト』に新たに「パスワードカード」を導入すると発表した。

「パスワードカード」を利用の顧客については、振込などの重要取引等を実施する際の本人認証方式が、セキュリティの高いワンタイムパスワードのみとなる。なお、「パスワードカード」への切り替えをしない顧客については、現行認証方式も当面利用できるが、一定期間経過後に廃止する予定だという。

インターネットバンキングの取引画面に偽画面を表示するなどにより、顧客の暗証カードの番号を詐取し、不正な取引を行う犯罪が発生しているという。1月より、同行ではこれらの犯罪に対して有効なワンタイムパスワードのパスワード生成機を希望者に無料で提供し、暗証カードと併用して利用することで、SMBCダイレクトのセキュリティ強化を図ってきた。

このたび、さらなる強化策として、カード型ワンタイムパスワード生成機「パスワードカード」を導入する。『SMBCダイレクト』を新規に契約する全ての顧客、及び既存の契約者で切り替えを希望する顧客には「パスワードカード」を無料で提供し、「パスワードカード」を利用の顧客については、振込等の重要取引等を実施する際の本人認証をワンタイムパスワードのみとする。このたび導入する「パスワードカード」は、従来のパスワード生成機よりも携行性に優れ、将来的な不正取引対策への拡張性も兼ね備えているという。同対策により顧客の利便性に配慮しつつ、更なるセキュリティの強化を図っていくとしている。

なお、暗証カードの新規発行は停止し、既存契約中の顧客についても「パスワードカード」への切り替えを積極的に推奨し、現行の認証方式は一定期間経過後に廃止する予定としている。

○パスワード概要

申込方法

・店頭または同行ホームページから申込み

利用方法

・特定のボタンを押すと、パネル上にワンタイムパスワードを表示

・振込などの重要取引や住所変更などを行う際に、表示されたワンタイムパスワードを画面に入力

オプション機能(顧客の任意で以下の機能も設定可能)

・ログイン時にもワンタイムパスワードを利用

・「パスワードカード」の紛失に備え、「パスワードカード」を起動させるための暗証番号を設定

利用料

・無料(紛失時の再発行時には1050円(消費税込)が必要)

(金野和子)