さまざまな種類の青汁テイスティングが好評

写真拡大

青汁マイスター協会は、2013年11月に東京と大阪で実施する第4回「青汁マイスター資格」認定試験講座の参加者募集を始めた。

数種類の青汁のテイスティングが好評

青汁マイスターは、青汁を通じて野菜の大切さを学び、健康への意識を高め、その重要性を広く世の中に語ることのできる、日本初の「青汁のスペシャリスト」として誕生した資格だ。

講座では、長年青汁の研究開発に携わった講師を招き、現代の食生活の問題と野菜の重要性、青汁の歴史、種類、効能、青汁を使った簡単レシピなど、健康に役立つ知識を提供する。

なかでも受講者から好評なのは、数種類の青汁のテイスティングだという。一般的な大麦若葉やケールだけではなく、珍しい原料を使ったさまざまな種類の青汁をテイスティングでき、素材の特徴や違いを体感できる。

講座終了後は同日内に認定試験を受けられ、合格者には後日、青汁マイスターの資格が与えられる。

実施日時は、東京会場では2013年11月9日13:00〜15:30、大阪会場では11月16日14:00〜16:30。

受講料は5000円で、青汁マイスター協会のホームページから申込みできる(定員になり次第、締切)。