キック・アス続編の邦題決定、2014年2月に“超等身大ヒーロー”再び。

写真拡大

2010年にたった4館で公開されるや満席続出、口コミが拡大し、上映劇場も70館以上まで広がり大ヒットを記録した映画「キック・アス」。そんな同作の続編となる「Kick-Ass2(原題)」の邦題が「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」に決定した。

平凡な高校生が緑のコスチュームを通販で購入し、街の平和を守るために立ち上がった、特別な力も持たない超等身大ヒーロー「キック・アス」。前作では特にクロエ・グレース・モレッツ演じる美少女暗殺者ヒット・ガールが注目を浴び、かわいらしさに似つかわしくない悪態で敵を罵倒する姿や、容赦なき超絶アクションは鮮烈な印象を残した。

そして待望のシリーズ最新作として2014年2月に「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」が日本上陸。前作でマフィアの父親を殺されたレッド・ミストが完全なる悪党マザー・ファッカーになり下がり、原作にも登場するマザー・ロシアをはじめとした最凶刺客と手を組み、キック・アス、ヒット・ガールらを窮地に追い詰める。そこに現れるのがジム・キャリー演じるスターズ・アンド・ストライプス大佐。キック・アスらと世紀のヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成し、立ち向かうが…。

映画「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」は2014年2月全国公開。


☆「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」ストーリー

デイヴとミンディはキック・アスとヒット・ガールというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡なスクールライフを手にしていた。しかし、卒業を間近に控えたデイヴは将来にすることが見つからず、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、平和を守ることを決意する。彼はキック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐とともにヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエヴァー”を結成し、悪に立ち向かう。しかし、そこにレッド・ミストがキック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、マザー・ファッカーと名前を改め、姿を現す。彼は最凶の刺客を引き連れてキック・アスを倒し、悪事の限りを尽くそうとしていたのだ。今、ヒーロー軍団と悪党軍団の大決戦の火ぶたが切って落とされる!