写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ふくろ祭り協議会は28日と29日、10月12日と13日に、東京都豊島区の区民祭り「第46回ふくろ祭り」を開催する。

○人と神輿でにぎわう前半と、踊り子で華やぐ後半

28日は「前夜祭」。ダンスやバンド演奏、和太鼓演奏などのステージパフォーマンスが繰り広げられ、19時からの「御嶽神社宮神輿渡御パレード」でクライマックスを迎える。29日は「御輿の祭典」と題し、30基以上の神輿が参加するパレードと、夜には「宵神輿大パレード」が行われる。ステージでは、祭り囃子、和太鼓、獅子舞、エイサーなどの伝統芸能を中心としたパフォーマンスが披露される。

10月12日は「踊りの祭典」。ステージで、佐渡おけさ、池袋やっさ踊り、エイサーといったパフォーマンスが行われる。13日は「第14回東京よさこい」となる。メインの「東京よさこいコンテスト」は、池袋を中心に区内9会場でよさこい踊りが繰り広げられ、大賞として東京都知事賞が贈られるなど、都内最大級のよさこいイベントになるという。参加チームは例年100チームを超え、北は北海道から南は九州まで、全国から強豪チームが参加。様々なスタイルのよさこい踊りを披露する。

同祭りのスケジュールや会場の詳細などについては、ふくろ祭り協議会公式WEBサイトで確認することができる。

(エボル)