写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都 夢の島熱帯植物館は25日〜10月27日、企画展示「ハロウィン・パーティー」を実施する。

○毎年大人気の、夢の島名物"おばけカボチャ"展示

同イベントは、同館で毎年人気となっている"おばけカボチャ"展示。今年もハロウィンにちなんで、茨城県常陸大宮市で作られた50〜100キログラムにもなる巨大なおばけカボチャを80個以上展示し、楽しい景色を作るという。

「おばけカボチャと遊ぼう!」(期間中毎日)では、自由に触ったり座ったりと、巨大カボチャたちと遊ぶことができる。「ハロウィンってなんだ?」(期間中毎日)は、ハロウィンの起源や、カボチャについてのミニ知識を学べる。

館内各所には、「ハロウィン・フォトスポット」を設置。様々な衣装と背景パネルが用意され、お姫様やドラキュラになって記念撮影ができる。9月28日・29日には「おばけカボチャ転がしレース」「おばけカボチャの種飛ばし競争」、10月5日は「おばけカボチャコンクール」などのイベントも開催する。

そのほか、10月26日にはカボチャのオーナメントを使って、ハロウィンに飾るフラワーアレンジメントを作る「ハロウィンフラワーアレンジメント教室」を開催。1回目 11時〜12時、2回目 14時〜15時で、内容は各回とも同じ。定員は各回20名(同伴者除く)。参加費は800円(入館料別途)で、予約制となる。講師は、新堀美代氏。

開催日時は、9月25日〜10月27日 9時30分〜17時(入館は16時まで)。会場は、東京都 夢の島熱帯植物館(東京都江東区夢の島2-1-2)。休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日。入館料は、一般250円、65歳以上120円、中学生100円。小学生以下、および都内在住・在学の中学生は無料となる。その他、詳細は同館Webページにて確認できる。

(エボル)