とらや「甘いねこ展」六本木で開催

写真拡大

 老舗和菓子屋とらやが、ねこと日本人の関わりに焦点をあてた企画展「甘いねこ展」をとらや東京ミッドタウン店内のギャラリーで9月25日から開催する。日本各地でつくられたねこ人形18点や、源氏物語などねこについて描写された書物などを展示。ねこをモチーフにした3種類の和菓子も販売される。期間は12月16日まで。

とらや「甘いねこ展」の画像を拡大

 「甘いねこ展」は、今も昔も多くの人を惹きつけるねこを題材に、日本人が描いてきたねこの姿、各地に古くから残るねこの民藝などを紹介する展示会。日本三大土人形と言われる京都の伏見人形や仙台の堤人形などのねこ人形をディスプレイする「ねこと郷土人形 」、水木しげるの「水木サンの猫」などねこが登場する書物から抜粋し展示する「日本人が描いてきたねこ」、ねこの和菓子のアイデア案を紹介する「ねこの和菓子のデザイン案」の3つのカテゴリーに分け作品を展示する。

 開催に合わせ、ねこの魅力を発信するWEBマガジン「ilove.cat」のデザインをもとに、ねこをイメージした和菓子が考案された。9月25日から外良製の生菓子と特製羊羹、11月5日からきんとん製の生菓子が期間限定で販売される。特製羊羹は3,623円、生菓子は473円(税込)。

■甘いねこ展
 場所:とらや東京ミッドタウン店内 ギャラリー(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア地下1階)
 会期:2013年9月25日(水)−12月16日(月)
 時間:11:00〜21:00(店舗営業時間と同じ)※無休(東京ミッドタウン休業日に準ずる)
 協力:ilove.cat