宮崎駿作品DVDが軒並み急上昇、「トトロ」は5年1か月ぶりTOP10。

写真拡大

9月1日、第70回ベネチア国際映画祭でスタジオジブリ星野康二社長(57歳)から突然発表され、同6日には本人出席のもと引退に関する記者会見も行われた宮崎駿監督(72歳)。そんな宮崎監督作品のDVDが、直後の今週9月16日付けのオリコン週間DVDランキングで急上昇している。

となりのトトロ」(2001年9月発売)は先週49位から9位に大幅ランクアップを果たし、2008年8月25日付けの8位以来、5年1か月ぶりの週間DVDランキングTOP10入り。また、今週27位には、こちらも先週149位から急上昇の「千と千尋の神隠し」(2002年7月発売)がランクインし、2003年2月24日付けの11位以来、実に10年7か月ぶりのTOP30入りとなった。

さらに「魔女の宅急便」(2001年6月発売)は先週91位から今週28位に、「もののけ姫」(2001年11月発売)は同115位から31位、「風の谷のナウシカ」は同189位から34位と軒並み急上昇。そのほか「天空の城ラピュタ」や「紅の豚」など、今週9月16日付けのオリコン週間DVDランキングTOP100に宮崎駿監督アニメ作品が9作ランクインをしている。

一方、Blu-ray Discランキングにおいても宮崎監督作品はランクアップしており、先週82位から今週36位に急上昇した「紅の豚」(2013年7月発売)、同105位から47位に急上昇した「となりのトトロ」(2012年7月発売)など、TOP100に計6作がランクインした。


☆各作品の急上昇まとめ

9位←49位「となりのトトロ」(5年1か月ぶりのTOP10入り)
27位←149位「千と千尋の神隠し」(10年7か月ぶりのTOP30入り)
28位←91位「魔女の宅急便」(11年11か月ぶりのTOP30入り)
31位←115位「もののけ姫」(2年8か月ぶりのTOP50入り)
34位←189位「風の谷のナウシカ」(9年7か月ぶりのTOP50入り)
39位←125位「天空の城ラピュタ」(4年2か月ぶりのTOP50入り)
43位←228位「紅の豚」(11年1か月ぶりのTOP50入り)
85位←284位「崖の上のポニョ」(1年ぶりのTOP100入り)
95位←圏外「ハウルの動く城」(8か月ぶりのTOP100入り)
※今週順位←先週順位の順。