「アイアンマン3」BDで快挙達成、「パイレーツ」以来のTOP3独占。

写真拡大

ロバート・ダウニーJr.主演のSFアクション映画シリーズ第3弾「アイアンマン3」が、9月4日にBlu-ray Disc(以下BD)&DVDで発売され、「アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット」「アイアンマン3 ブルーレイ(デジタルコピー付き)」「アイアンマン3 3Dスーパー・セット(デジタルコピー付き)」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)の3作が、それぞれ初週売上5.5万枚、1.4万枚、1.3万枚を売り上げ、今週9月16日付けのオリコン週間BDランキング(集計期間:9月2日〜8日)に初登場、総合TOP3を独占した。

また、同時発売の「アイアンマン3 DVD(デジタルコピー付き)」も、発売初週1.0万枚を売り上げ、同日付オリコン週間DVDランキングで初登場総合首位を獲得。BD&DVD同時首位2冠を達成した。

オリコンが2008年7月にBDランキングの発表を開始して以来、実写映画作品による総合TOP3独占は、2011年11月14日付けで記録したジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉DVD+ブルーレイ」「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉ブルーレイ」「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉3Dスーパーセット」(2011年11月発売)以来、1年10か月ぶり、史上2シリーズ目の快挙となった。

本作は、今年(9月現在)の全世界映画興収No.1を記録している、米マーベルコミック原作の“鋼鉄のヒーロー”アイアンマンの実写映画第3弾。「アベンジャーズ」の戦いから一年後、死闘の末にトラウマを負い、心身ともに疲弊したアイアンマンの前に現れたテロ組織テン・リングスのマンダリンとの激闘が描かれている。