糖質を制限するだけで簡単に痩せられる! 糖質制限ダイエットの基本ルール

写真拡大

糖質を制限するだけで簡単に痩せられる夢の様なダイエットである糖質制限ダイエット。このダイエットは10個の基本ルールを守るだけです。では、糖質制限ダイエットの基本ルールを紹介します。

糖質制限ダイエットの基本ルール

魚介類、肉類、大豆食品(納豆、豆腐)、チーズなど、良質のタンパク質と脂質が主成分の食品をしっかり食べる。

糖質を控える。とくに白いパン、白米、麵類、菓子、白砂糖のように精製された炭水化物は極力摂らない。

主食を摂るときは、玄米や雑穀、全粒粉小麦でつくったパンといった未精製の穀物を少量が望ましい。

飲み物は牛乳、果物ジュースを避ける。成分未調整の豆乳、カロリーのないミネラルウォーター、番茶、麦茶、ほうじ茶などを飲む。

糖質含有量の少ない野菜、海藻類、キノコ類は適量を食べる。

果物の摂取は少量に留める。

オリーブオイル、魚の油(EPA、DHA)は積極的に摂る。リノール酸の多い紅花油やコーン油、ごま油などは減らすように心がける。

マヨネーズやバターは摂っても良い。ただし、マヨネーズは糖質が入っていないタイプを選ぶ。

お酒については、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど)は飲んでも良い。醸造酒(ビール、日本酒、白ワインなど)は控える。

間食やお酒の肴などには、チーズやナッツ類を適量摂る。菓子類やドライフルーツは避ける。 できる限り、化学合成添加物が含まれていない安全な食品を選ぶ。

たった10個のルールで運動もカロリー制限も必要ありません。試しに糖質制限ダイエットを行ってみてはいかがでしょうか?

「腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」(江部康二)」の詳細を調べる