米百貨店ニーマン・マーカス身売り 米投資会社アレスなどが60億ドルで買収

写真拡大

 高級百貨店バーグドルフ・グッドマンなどを経営する米百貨店チェーンのニーマン・マーカス・グループは9月9日、米投資会社アレス・マネジメントとカナダ年金計画投資委員会(CPPIB)に60億ドル(約5980億円)で身売りすることで合意した。ニーマン・マーカス・グループを保有する米投資会社TPGとウォーバーグ・ピンカスが売却する。年度末には手続きが完了する見通し。

ニーマン・マーカス60億ドルで身売りの画像を拡大

 ニーマン・マーカス・グループは、上質な商品と顧客サービスで知られる百貨店ニーマン・マーカスや、マンハッタン5番街の高級百貨店バーグドルフ・グッドマン、アウトレット店などを展開。2005年にTPGとウォーバーグ・ピンカスが約51億ドル(約5080億円)で買収している。今回の合意では、アレス・マネジメントとCPPIBはニーマンに関する経済的利益を均等に保持し、ニーマン・マーカス・グループの経営者が少数株式を所有する見通しと発表されている。

 米百貨店では、今年7月にカナダ大手百貨店チェーンのハドソンズ・ベイが、米高級百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」などを展開するサックスを買収した。