長期積み立て投資で着実に資産を増やしていこう! サラリーマンの資産運用を考える 第2話

写真拡大

これまでの話で、確定拠出年金制度やNISAについて納得した周ちゃんは、いよいよ確定拠出年金の具体的なポートフォリオを組むことに。例によって、えーちゃんを居酒屋に呼び出した。第2話。

[前回の記事]
確定拠出年金について考える

●第1話 資産運用とアベノミクスについてまずは考えてみた
●第2話 そもそも確定拠出年金ってなに?
●第3話 「日本の年金制度について知らないと!」
●第4話 確定拠出年金は「想定利回り」が大事!
●第5話 税制優遇を利用して資産運用の練習をしよう!

サラリーマンとNISA

●第1話 いちばん分かりやすいサラリーマンのためのNISA講座
●第2話 NISAの口座開設はギリギリまで待て!って本当?
●第3話 NISAの効果的に使い方と改善してほしい点とは?

サラリーマンの資産運用を考える 

●第1話 確定拠出年金のポートフォリオはどう作る?

投資額の当初の元本が複利運用でどれだけ増えるかというのと並行して、確定拠出年金を考える場合には、積み立て投資の運用利回りを見てみる方がいいかもね。

計算するとこんな感じだね(下の表組参照)。
 毎月5万円を積み立てるとすると、年間60万円だから、10年間積み立てると積立元本は600万円だけど、5%複利で回ったとしたら、元本の1.29倍で約774万円になる。
 長くやるほど効果が出てきて、25年続ければ積立元本は1500万円になって、5%複利で回ったとしたら、元本の1.99倍で約2985万円になるってことだね。

 積み立て投資は元本を時間の経過とともに増やしていくから最初から元本を複利で運用していくよりは資産の増加率は大きくならないけど、うまくやれるんなら、何もしないで預金で眠らせておくよりはずっと良いでしょ?

そっかそっか、最初に元本ドカってやるのに比べると増加率が小さくなるのね。それでも5%だったら25年後に約2倍になるんだね。

25年って気が遠くなる話に聞こえるかもしれないけど(笑)、ここで分かってもらいたいことは、真っ当にやって5%くらいの利回りを目指せれば、長くやっていければ、それなりに資産は増やしていけるということ。
 経験を積んだら、さらに頑張って、より高いリターンを狙っていくのも良いけど、最初から欲張りすぎない。投資の失敗ってのは、だいたい、欲張りすぎが原因で起こるからね。

それ分かる〜。はじめっから大物狙いする時とか、ちょこっとうまく行きだして「もうちょっと、もうちょっと」と思ってる時に一番足をすくわれる気がするよ。5%の利回りがあれば十分じゃないか、と今は思うけどね。

それと、一言付け足しておかないといけないことは、現実には長期間にわたって同じ利回りで運用し続けられるということはあり得ないから、あくまでも計算上のイメージのための参考だって思っておいてね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)