『どうして人はキスをしたくなるんだろう』(みうらじゅん 宮藤官九郎、集英社)

写真拡大

「ゆるキャラ」のみうらじゅんと「あまちゃん」の宮藤官九郎(クドカン)の両氏。日本のサブカル界を牽引してきた「永遠の中2」コンビが、くだらなすぎて今さら人に聞くのは恥ずかしい素朴な疑問に真っ向から挑んだのが、『どうして人はキスをしたくなるんだろう』(集英社、1260円)だ。

この本の刊行を記念して、2つのイベントが開催される。

素朴な疑問にふたりが挑む

一つ目は、写真展「みうらじゅんと宮藤官九郎の『一泊』」だ。取材で敢行した「箱根・温泉旅館1泊2日の旅」を、巨匠・三浦憲治氏が24時間完全密着して撮り下ろした。2万枚に及ぶ膨大な写真から、厳選したカット約50点を展示する。2013年9月16日から10月4日まで、六本木スペースビリオン(東京・港区)で開催する(入場無料、休みあり要確認)。

二つ目は「週プレ大學・公開対談『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』」。単行本のもとになった週刊プレイボーイ連載コラム「大人になってもわからない」の公開対談を9月23日、東京の「マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー」でおこなう。

「許されるウソってどんな嘘だろう?」「どうして大人は背広を着なければならないんだろう?」「セックスのあとにはどんな会話をしたらいいんだろう?」といった素朴な疑問にふたりが挑む。

受講料は前売り3500円、当日4000円。それぞれサイン本1冊の代金を含む。前売りは集英社の通販サイト「FRAG SHOP」で販売中だ。