写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京成グループは23日から11月23日までの2カ月間にわたり、「京成グループ2013 秋のお客様感謝イベント」を開催する。同グループの各社が主催する車両基地公開イベントを中心に、8会場でさまざまな企画が展開される。

新京成電鉄では、10月26日に「第19回 電車基地見学・展示会」を開催。新京成電鉄くぬぎ山車両基地を会場に、モーターカーの体験乗車やドア装置の開閉体験、踏切遮断機の展示などを行う。関東鉄道は11月3日、「常総線開業100周年記念 関東鉄道 水海道車両基地公開イベント」を開催。車両展示や工場棟見学、スカイライナー2分の1カットモデル展示などの催しが予定されている。

北総鉄道と京成電鉄は、小学生以下の子供を含む親子を対象に、事前応募制で車両基地を公開する。北総鉄道の「ほくそう車両基地まつり」(10月19日)では、親子350名を募集中。当日は洗浄機体験、運転台での写真撮影、修繕庫・台車庫見学、軌道自転車乗車体験などを実施予定。京成電鉄の「宗吾車両基地親子見学会」(11月23日)でも、親子300名の参加希望者を募集中。保存車両見学、車掌体験、車両展示、保守用車両展示などを予定している。

「京成グループ2013 秋のお客様感謝イベント」では、その他にもグループ各社主催のイベントが行われる。各イベントの詳細は、京成電鉄ウェブサイト、もしくはグループ各社のウェブサイトにて確認できる。

(佐々木康弘)