写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京阪電気鉄道は21日、競技かるたを題材にした人気漫画『ちはやふる』の図柄を用いた特製乗車券「京阪電車大津線 ちはやふる特製乗車券」を発売する。京阪大津線1日フリー乗車券(大人用)2枚のセットで、発売額は1,000円。

同乗車券は、『ちはやふる』のキャラクターなどを描いた三つ折りの台紙付きで、3,000セット限定。浜大津駅、近江神宮前駅、大津駅観光案内所、石山駅観光案内所、堅田駅前観光案内所にて販売される。なお、発売初日は浜大津駅のみで取り扱い、その他の発売場所では9月22日からの取扱いとなる。乗車券の有効期間は2014年3月31日まで。

これに関連して、今年8月末までの予定だった京阪大津線の『ちはやふる』ラッピング電車の運行が、2013年3月末まで延長されると決まった。この電車は、「ちはやふる・大津」キャンペーン実行委員会とのタイアップにより、2012年7月より運行していたもの。

この秋、同実行委員会の主催で、企画展示「『ちはやふる』大津展」をはじめ、かるた入門講座、スタンプラリーなど、「かるたの聖地 大津」と「競技かるたの殿堂 近江神宮」をPRするさまざまな企画が大津線沿線で開催される予定。これを記念し、ラッピング電車の運行延長が決まったという。

(佐々木康弘)