写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京急グループの京急ショッピングセンターはこのほど、ブルートレインとローカル線で秋田を巡るツアー「ウィング鉄道おとめの旅」を発売した。

11月1日出発の2泊3日ツアーで、初日は寝台特急「あけぼの」で上野駅を出発し、そのまま車中泊。2日目は鷹ノ巣駅から秋田内陸縦貫鉄道に乗車し、阿仁合駅で下車。阿仁伝承館・異人館と車両基地を見学した後、特別貸切展望車両で移動する。角館駅から貸切バスで角館武家屋敷通りに向かい、自由見学となる。夜は由利本荘市内に宿泊。

3日目は羽後本荘駅から由利高原鉄道に乗車。矢島駅で下車し、おばこ列車、天寿酒造、矢島駅・車両整備施設を見学。その後は羽後本荘駅経由で秋田駅に向かい、秋田駅から秋田新幹線「こまち」に乗車して東京駅に帰着、解散となる。

旅行代金は2万円。募集人数は20名で、応募人数が20名を超えた場合は抽選となる。ただし、ウィングモバイル女性会員限定ツアーのため、会員以外の申込みは不可。ウィングモバイル会員とは、「KEIKYUポイントため〜る」に登録し、かつウィング3館(新橋・高輪・久里浜)いずれかのメールマガジン配信を希望している会員。申込みはウィングモバイルサイトにて受け付けている。

(佐々木康弘)