写真提供:マイナビニュース

写真拡大

安藤証券は9日、子会社のカレラアセットマネジメント設定・運用の投資信託「2020年東京 日本株式ファンド」の取扱いを25日から開始すると発表した。

新しい日本の価値創造、成長への象徴的なイベントになると考えられる2020年東京オリンピック開催が決定。同ファンドは、IT技術などの新技術を取り込んだスマートな国内産業を中心とした高度成長と、1964年の東京オリンピック開催とその後の高度成長期に整備されたインフラの再生により、上昇が期待される日本の株式市場に投資するという。

○ファンド概要

ファンド名称

・2020年東京 日本株式ファンド(愛称:メダルへの道)

分類

・追加型投信/国内/株式

ファンドの特色

・主として日本の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含む)している企業の株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券、不動産投資信託証券等に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指す

当初申込期間

・9月25日〜10月9日

信託設定日

・10月10日(以降継続募集)

(金野和子)