「ハレンチテレビ局争い」で、ナンバーワンを独走しているのが日本テレビだ。

『NEWS ZERO』のキャスター、山岸舞彩アナ(26)にセクハラ行為があったと疑われる同番組のプロデューサー・Y氏が6月に番組を更迭されたばかりなのに、8月初旬には19歳の女子大生への強制わいせつ容疑で社員が逮捕された。この局の「ゆる〜い体質」をよく表わす極秘文書を、本誌は入手した。

 強制わいせつ容疑で逮捕されたK氏は、過去に人気番組『恋のから騒ぎ』のプロデューサーを務めていた人物だった。知人の女子大生をホテルの部屋に連れ込んで胸を触ったり、キスを強要したという。ある日テレ社員がいう。

「“キモイマン”というあだ名を付けられて『から騒ぎ』にも出演したことがある。いつもヨレヨレのTシャツなどだらしない格好をしていたが、アイドル登竜門ともいうべき素人発掘番組を担当していることもあって近寄ってくる女性は多かったようだ。

 しかし、もっと情けない話がある。実はこの事件が起こったのは、日テレで全社員に対して“セクハラ防止テスト”が行なわれた直後のことだったんです。それがまァ、あまりに幼稚な内容で……」

 その「セクハラ防止テスト」を本誌は入手した。その問題をみると、確かに「小学生でもわかるだろ!」とツッコミを入れたくなるようなものばかり。

 たとえば……。
【Q】この中で間違っているものを一つ選んでください。

【1】女性上司が男性部下のお腹を「プーさんみたい」とポンポン叩くぐらいではセクハラにはならない。

【2】部下を慰めるために手を握る程度であっても、セクハラ問題になる可能性がある。

【3】コミュニケーション重視だからといっても「きみカワイイね」「今日の服イイネ」と挨拶するのは、セクハラ問題になる可能性がある。

【4】プライベートな事柄をしつこく聞くことや、交際の状況を聞くことは、部下管理の目的でもセクハラに該当するリスクは避けられない。

 ……どうすれば、この問題を間違うというのだろうか。テストは全10問だが、これと大差ない難易度のものばかりが並ぶ。

「その後すぐ逮捕者が出たという事実からも明らかですが、このテストは何の意味もなかった。“一応何かしらの対策をしました”というポーズでしかない」(前出の社員)

※週刊ポスト2013年9月20・27日号