8年ぶり石原さとみ×山田孝之、中田秀夫監督新作「MONSTER(仮)」で。

写真拡大

藤原竜也と山田孝之の共演による中田秀夫監督最新作「MONSTER(仮)」のヒロインに、石原さとみが起用されることがわかった。藤原とは「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」(2010年)に続く中田作品での共演、相手役となる山田とはテレビドラマ「H2〜君といた日々」(2005年)以来、8年振りの共演となる。

本作は“全ての人間を操れる力を持つ男”藤原と、“その能力が唯一通じない男・終一”山田という、名実ともに日本映画界を牽引する若手俳優が繰り広げる激突を描いた作品。“人を思いのままに操る”という特殊能力による壮絶なバトルを描きながらも、閉塞する現実社会でもがき苦しむ人間同士の姿を描く、普遍的なテーマの物語だ。2010年に韓国で公開され、200万人以上を動員した大ヒット映画「超能力者」のリメイクとなっている。

石原演じるヒロインの叶絵は、ひょんなことから終一と出会い、共通の趣味を通じて心を通わせていく。しかし男の“人間を操る能力”に身も心も翻弄され、最悪な形で自分の父親を失う。そして男と終一との対決を通じて彼女自身も苛烈な運命に巻き込まれる……。
そんな本作のヒロインに決定した石原は「本を読んで、とてもおもしろいと思ったので、素直に嬉しかったのと、久々に中田組に参加させて頂けるということでわくわくしました」と、オファーが届いたときの気持ちを振り返る。

また、演じるにあたって注意した点としては「操られる時の無感情さや、意識が戻った時のパニックさを演じるのは難しかったですが、中田監督と話し合ったり、共演者の皆さんの芝居を受けて、MONSTERの世界に入ることができました」とのこと。

藤原、山田との共演については「本番に臨む集中力の高め方、作品への向き合い方がお二人ともとてもプロフェッショナルで、役者としてとても刺激になりました。撮影は終わったばかりですが、またご一緒したいです」とコメントした。

そして佐藤貴博プロデューサーは「本作は藤原竜也と山田孝之という日本を代表する実力派俳優の激突を実現出来ました。この2人が揃ったことで、特殊な設定に説得力を持たせることができ、かつオリジナルを超えるドラマティックな展開と大迫力のアクションを実現できております。さらに本作はオリジナルとは異なる結末を用意しています。オリジナルから最も大きく変更を加えて、より深みあるドラマを持たせたキャラクターがヒロインの叶絵です」と、石原の役どころを説明。

「よりドラマティックになった結末の重要な鍵を握るヒロインには、主演2人に負けない演技力と、華を持った女優でなければつとまりません。石原さとみさんは、演技力はもちろん、今もっともノリに乗っている旬なまさに“華”を持った女優だと思います。中田秀夫監督も何としても叶絵は石原さんに演じて欲しいと熱烈なラブコールを贈り、石原さんも脚本を読み応えてくれて、最高のキャスティングが実現しました。8年ぶりの共演となる山田孝之とのキュートすぎる微笑ましいカップリング、藤原竜也との復讐心で対峙する緊張感、石原さとみさんの幅広い魅力が劇中で全開してますのでお楽しみに!また藤原竜也から劇中最も操られるのが叶絵なので、操られる演技にもご期待ください!!」と見どころを語った。

映画「MONSTER(仮)」(配給:ワーナー・ブラザース映画)は2014年全国公開。


☆「MONSTER(仮)」ストーリー

そのまなざしひとつで他人を意のままに操ることのできる “男” (藤原竜也)=“怪物”。その能力で虐待する父親を殺してしまい、母親にも見捨てられ、最低限の金を奪い都会の闇にまぎれ絶望の中孤独に暮らしていた。田中終一(山田孝之)=“普通の男”も家族はいないが、ひょんなことから叶絵(石原さとみ)と知り合い、気の合う仲間たちと貧しくも明るい未来を信じて生きていた。

ところがある日、相反する2人の男が、期せずして出会ってしまう。いつものように、そこにいる人間を操ろうとする“男”だが、終一には一切通じない、それどころか正義感を持って反撃してくる。そう、彼もまた特殊な能力を持つ男だったのだ。

そして、男のその能力によって叶絵の父を最悪な形で失う。終一は好意をよせる叶絵の父の死を許せず、復讐に燃える。一方、男は自分の能力を知る唯一の男・終一を葬ろうとする。怪物として生まれてしまった2人の運命が交錯し、戦いの渦が激化していく。壮絶な激闘の末、宿命の対決は衝撃の結末を迎える……。