写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、携帯ゲーム機『PlayStation Vita』(PS Vita)をテレビに接続して楽しめる新端末『PlayStation Vita TV』(PS Vita TV)を11月14日に発売することを発表した。

『PS Vita TV』は、『PS Vita』のチップセット、システムソフトウェアを「プレイステーション」シリーズとしては最小となる約6.5cm×10.5cmのコンパクトサイズに収めており、これをテレビに接続することで、『PS Vita』専用ソフトを遊ぶことができる。そのほかにも「TSUTAYA TV」や「niconico」、「Hulu」「スカパー! オンデマンド」「DMM.com」といったオンラインの動画・ビデオサービスを快適に利用することも可能。さらに『PS Vita』向け1,300本以上のゲームはもちろん、「PS Store」経由のソフト、『PS Vita』向けの各種ネットワークサービス、会員専用の機能や特典が満載のメンバーシップサービス「プレイステーションプラス」も利用できる。

また、日本では2014年2月22日に発売が予定されている『PlayStation 4』(PS4)のリモートプレイ、ワイヤレスコントローラー(DualShock4)にも対応しており、『PS Vita TV』でほぼすべての『PS4』専用タイトルを、『PS4』と変わらない操作感でプレイすることも可能だという。

さらに、『PS Vita』と『PS Vita TV』同士で、アドホック通信のマルチプレイヤー機能に対応したさまざまなゲームを一緒に楽しむこともでき、『PS Vita TV』本体には、ワイヤレスコントローラー(DualShock3)を2台まで接続することが可能。これによりマルチプレイヤー対応のアーカイブスゲームは、2人でも楽しむことができる。加えて、『PS Vita』に保存した動画やブラウザ動画の再生中に、画面上のボタンで簡単に『PS Vita TV』へ送信してTVの大画面で再生できるほか、ネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne』(ナスネ)にも対応。『PS Vita』本体は、再生アプリを通じて動画の前後操作や早送りなど、リモコンとして利用できる。

『PS Vita TV』は海外市場に先がけて、まずは日本市場にて2013年11月14日より9,954円 にて販売。さらにワイヤレスコントローラー(DualShock3)、各種コンテンツの保存に便利な「メモリーカード8GB」をセットにした「PS Vita TVバリューパック」も同日から14,994円で発売する。対象期間中に「PS Vita TVバリューパック」を購入すると、「プレイステーションプラス」の90日利用権をプレゼントするスペシャルキャンペーンも実施する。

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.