超小さなTVに繋ぐ版「PS Vita」、大きな画面で動画配信やゲームを。

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントは9月9日、テレビでビデオサービスやゲームなどのさまざまなコンテンツが楽しめる「PlayStation Vita TV」を発表した。11月14日に発売で、価格は9,954円(税込み)。

「PlayStation Vita TV」は、テレビに接続するプレイステーションプラットフォームとしては最小の約6.5センチ×10.5センチのコンパクトサイズを実現した、新しいエンタテインメントシステム。テレビに繋ぐことで、「TSUTAYA TV」「niconico」「Hulu」「スカパー!オンデマンド」「TBS 世界遺産セレクション」「DMM.com」「テレビドガッチ」「U-NEXT」といった国内向けのビデオサービスが利用できるほか、「PS Vita」のゲームはもちろん、ゲームアーカイブスの初代PlayStation、PSP(PlayStation Portable)の1,300以上ものソフトウェアタイトルを、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK3)を使って楽しめる。

また、今後実施されるシステムソフトウェアアップデートにより、プレイステーション4のリモートプレイ、およびワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)にも対応。これにより、「PS Vita TV」上で、ほぼすべてのプレステ4専用タイトルを、プレステ4と変わらない操作感で楽しむことが可能になる。